taka photography blog

ifotograph.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文( 51 )


2008年 03月 28日

スタジオマン

生きてます。
こっちのスーパーは福岡に比べるとめちゃくちゃ狭くてゴミの分別が細かくて駅にはすごい沢山のひとが動いていてスタジオにはテレビの中の人だった人がいます。
とにかく今は、今に甘んじることなく走っていかなければ。ね。
[PR]

by i_photograph | 2008-03-28 17:30 |
2008年 02月 26日

文はないけど文なんだ、これは。

d0090927_341493.jpg
[PR]

by i_photograph | 2008-02-26 03:46 |
2008年 02月 14日

きらきらキラリ

d0090927_3381915.jpg
相変わらず慣れない、飛行機の離発着。あぁうぇうぇ死ぬかもなーって。
で相変わらず何事もなく羽田に着いて、人ごみにダイブ。皆何してんだ大都会東京!!皆なにしに来てんだよと考えている僕の隣歩いてるお婆ちゃんも同じ事考えてんだろうな。婆ちゃんからすれば俺も障害物の一人。


でもちょっと離れた、古い民家が建ち並ぶ街はとてもきらきらしています。猫の額ほどの庭もなく、ただただ上に伸びた家、だいたい三階建て。ひしめき合ってるけど公園で赤ちゃんとお母さんは歩き、おばあちゃんは花に水をやっています。銭湯で昼からご近所集会やってます。
新しく住む家はとても新しく、キレイ。せまいけどね。幸せにやってける自信はある。スタジオの方は予想以上にいい人だらけ!きちんと「人」のことを考えてくれる人たちだった。
休みの日はグゥたら寝ることも多いだろうけど、カメラ片手に公園のブランコにでも手を掛けてみよう。
[PR]

by i_photograph | 2008-02-14 03:44 |
2008年 02月 07日

30代

とーきょー
この響きってなんだかワクワクしたりヘトヘトしたりメラメラしたり、色んな人が居るもんだからたくさんのイメージが湧く。自分にとっては何やろう。物悲しくもあり希望満ち溢れた険しくも美しい将来であり、とにかく先はよく分からんです。
不安になったときや落ち込んだときには30歳になった頃の自分を想像します。憧れの30代。仕事もりもりやって、暖かいあかりが灯る部屋に住んで、何事も力いっぱいやって幸せで充実した生活をしている自分を。単純ですが、夜に住宅地を散歩し、電球色の灯りがある家を見るだけで自分も将来こゆ風に住むのだ!と意気込み、幸せになります。

今春から関東進出です。神奈川と東京の境目くらいのとこ。スタジオマン何年かして自分が思ってるところ目指して山を登り始めます。今が登山口としてとりあえず30なるまでガガガっと突っ走る。吸収しながら。30なるまで色々あるやろうけどこの道で良かったと思えるように明確なビジョン持てるように。小さいことを疎かにせず有名になったる。

写真家の瀧本幹也さんは雑誌のインタビューでこんなこと言ってました。
「そんな日々(下積み)を嘆く人も居るけれど僕はどんな小さい仕事でもチャンスだと思い、一生懸命撮影をしてきました。とにかくいいものが作りたかったんです。もういいよって言われるくらい、与えられた条件の中でよりよくなる方法を探っていました。」

どんなことにしたって上ばかり見ててもいけない。きちんと目の前にあることをこなし、吸収しながら着実になんかよく分からん未来を想像してとにかくワーーーっとウリャウリャとやっていこう。blogで自分を戒めながら頭の中を整理しながら。今このblog見てて鷹の存在を知っている人が10年後に雑誌のクレジット見てほほ笑んでくれるためにも。
[PR]

by i_photograph | 2008-02-07 00:05 |
2008年 02月 02日

なま

スティル|アライブ
東京写真美術館で行われているグループ展をみてきました。知らない映像作家と美術家の二人、それからずっと写真家だと思っていた実は美術家の屋代敏博さん、写真家の大橋仁さんらのグループ展。
それぞれ四人ずつ部屋が分かれてて映像→屋代→大橋仁→美術家インスタレーションという順番で順路がセッティングされていた。映像は特に何もおもしろくなし。薄暗い中白い壁に二つのプロジェクターからそれぞれ異なる方向にイメージを投影、スピーカーからはポンだのピーだの聞こえてきて、うーんもういいやという感じで屋代さんの部屋に移動。

以前から色んな写真雑誌で見たことがあり、てっきり写真家だと思ってたけど、どうやら美術家らしい。なるほど確かに写真のコンセプトよく考えてみると現代アーティストっぽい。上の屋代さんのリンク辿ってみていただけると分かると思うけど、クルクル~と被写体が回っとるわけです。小学校の授業や高校の授業、卒業式に潜りこみ(きちんとアポとってアートプログラムとして)撮影しまわっているようです。会場内では撮影の様子のDVDが流されていて真面目なかんじで学校と接し、ファンキーに生徒と接しながら撮影行ってました。雑誌で初めて見たときのインパクトは凄かった!また面白いところ付いてくる人が出てきたなと。写真ってまだまだ表現方法あるんやなと、思ってました。でも今回の展示見て感動しなかったのは、やはり写真は技法や理論だけで攻めてもだめと思ってる自分がいたからでしょう。「ユ~アンドミ~アンド回転回♪」というキャッチフレーズには寒気がしました。

言葉じゃない何か、は大橋仁さんが見事に見せてくれました。
正直かなり圧倒されました。しかもただの「波」の写真に。大橋仁さんの波の写真は雑誌で見たことがあったけど、本物の写真がここまで圧倒的とは思いも寄らんやった。波と言うか、海面に太陽光が反射してる写真なんやけど。半端なかった、まじで。1メートル×1メートルの波が四枚輝いてた。極上でした。
それからバンコクの風俗嬢と(おそらく)ヤリながら撮った写真たち数十枚。ぜんぜんエロとかそんなんじゃなく、風俗嬢ってやはりマイナスイメージが強いけどここに写ってた彼女たちはとても綺麗な瞳をしていた。もうこれ以外言いようがないくらいの、少なくとも大橋仁さんの前では彼女たちはキラキラに輝いてました。人間味のある、すごくストレートな輝き。
被写体にはいつも正面から向かうスタンスの大橋仁さん。ただひたすらそれを積み重ねてきたからこそ表面だけじゃない写真になったんだろうなぁ。
あーなまなましかった。
[PR]

by i_photograph | 2008-02-02 02:29 |
2008年 01月 27日

部屋

d0090927_13301130.jpg
d0090927_13304912.jpg
思えば部屋の写真をあまり撮ってこなかった。パーソナルなものほど撮る気になれなかったのかも。でも部屋の写真って何年か後に見るときっと色んなモンが蘇ってくるやろうてことで撮ってみる。 二年半住んでの最終形態。
次の部屋もきっと光が差す部屋にしよう。
[PR]

by i_photograph | 2008-01-27 13:42 |
2008年 01月 25日

エレカシと共に

最近ですが、なんちゅーかこう。熱いもんがユラユラしてる。
ゆらゆらゆらゆら。なんか分からんけど、何にでも「やったる!!」という熱い熱いテンションが心に宿ってます。なんやろう。原因もその答えも胸の中。

30、31はTOKYOに行きます。特に31は行きたいところ行って、会いたい人と会いたいです。約束はまだです。今までの俺は萎縮しすぎてた。謙虚になっていたつもりで実は萎縮してしまってた。臆せず堂々といこう。

最近生きることが楽しい。心に温度。
まだ表面には少ししか出てないかもしれませんが、そしてまた萎んでしまうかもしれませんが、僕はやっと気付いた。
生きる姿勢に。
[PR]

by i_photograph | 2008-01-25 02:05 |
2008年 01月 19日

色紙

d0090927_1145856.jpg今、大学四年生。
昨日、仲間から少し早い卒業祝いをしてもらいました。
卒業できるよう試験遅れんよう出席しよ
皆ありがとう!!
この裏にはメッセージとエヴァンゲリオンのシールが。
[PR]

by i_photograph | 2008-01-19 02:18 |
2008年 01月 17日

長い散歩をした。

ちょっと前の話
その日起きたのは昼過ぎで、彼女との約束をすっぽかして長い散歩にでた。
曇りだったけど散歩は久しぶりだったし気分良く歩いた。
一時間くらい歩いて、住宅街に入りしばらくして彼に出会った。いや彼女かもしれんけど。
視界の隅っこ。ちょっとした貯水池から伸びている側溝のなか。注意して覗くことのない場所に黒い塊。
俺は視力が悪いけどなんとなく子犬だって分かった。
一歩近寄るとそれが生きてないってことも分かった。

俺はその子の写真を撮りました。
撮りたかった、撮るくらいしかできないと思ったから。

昼間でも薄暗い側溝の中、何を思い亡くなっていったんやろう
このくそ寒い季節、水に浸り寒かったろうにな。でも奇跡的にこの日は春先の温度くらいやってそれが唯一の救いやった。
花を添えてやれなかったので、亡骸の近くにあった落椿の光景と共にここに添えます。
どうか安らかに。





http://iii.zashiki.com/
[PR]

by i_photograph | 2008-01-17 07:14 |
2008年 01月 09日

PC

今使っているPCは使い始めて3年が経とうとしております。
大学一年のころ、すし屋でらっしゃいらっしゃい言いながら汗水たらして買ったPCです。
そりゃ三年使えばイタランファイルが山のように蓄積されていくわけで・・・
バッサリとそれはもうバッサリと削除してあげると

ぱそこんサクサク

ビックリするぐらいHDの空き容量が増えました。そんでもって動きも高速化!
スイスイでございやす。&iPod touch買いました。
[PR]

by i_photograph | 2008-01-09 20:21 |